日本地域福祉学会第35回大会(愛知大会)

発表方法

発表時間

1発表につき25分(発表15分、質疑10分)となります。

発表方法

発表方法は、口頭のみです。今大会では、ポスター発表はありません。

  • パワーポイント等の映写目的のプロジェクター及びその他の視聴覚機器の使用はできません。
    あらかじめご了承ください。

配布資料

当日の配布資料がある発表者は、50部を目安に当日持参してください。大会事務局では、印刷・コピー業務は対応できませんのでご注意ください。また配布資料の作成については、日本地域福祉学会の「研究倫理指針」を十分確認してください。

資料配布

当日配布資料は、発表開始15分前までに会場の係員にお渡しください。資料は、発表の直前に係員より会場の参加者に配布されます。

オンライン開催の場合

zoomの画面共有機能により画面を共有しつつ発表を行っていただきます。
当日配付資料は、発表する際に画面共有を行い、発表してください。
分科会の進行、発表時間等は、参集型の場合と同様の方法で行います。

司会者・コメンテーター向けマニュアル
自由研究発表者向けマニュアル
ページの先頭へ